自然言語処理
Dialogflowを使った自然言語処理(3) webhook新着!!

Dialogflowのwebhookとは Webhook は、ビジネス ロジックをホストするサービスです。Webhook では、セッション中に Dialogflow の自然言語処理で抽出されたデータを使用するこ […]

続きを読む
自然言語処理
Dialogflowを使った自然言語処理(2) CX版新着!!

Dialogflowには、小規模でシンプルなエージェントに適した”ES"と、大規模で複雑なエージェントに適した”CX"と、2つのエディションがあります。運用コストにも違いがありますので、どちらを選択すべきか悩むこともあり […]

続きを読む
自然言語処理
Dialogflowを使った自然言語処理(1)ES版

Dialogflowは会話型ユーザインターフェイスを実装するためのプラットフォームです。現時点でDialogflow CX(Advanced)と Dialogflow ES(Standard)の 2 つのエディションが存 […]

続きを読む
サーバ開発
Firebase Hosting Flutter Web

以前、NetlifyにFlutter Webアプリをデプロイするという記事を書きました。 アプリ内でテンポラリのファイルを使う必要ができてしまったので、仕方なくFirebaseに乗り換えることとしました。Firebase […]

続きを読む
Flutter
Dialogflowの感情分析結果(sentimentAnalysisResult)を取得する

以下の記事でも記載した通り、flutterでDialogflowを使うには、dialogflow_flutterパッケージを利用します。 現時点でのdialogflow_flutterのバージョンは1.0.0ですが、この […]

続きを読む
クライアント開発
FlutterアプリでDialogflow APIを使う

以前ご紹介した音声チャットボットアプリでは、全てのユーザ発話を応答生成サーバに送ってボットの応答を得ていました。実用的な応答を得るためには、会話の流れを制御する必要性も出てきます。 もちろん、クライアントアプリ側で制御し […]

続きを読む
クライアント開発
Firebase Authentication Googleサインイン

対話システムを構築する際に、個人認証は必須となります。そこで、今回はFirebaseのAuthentcation機能を使って、ログイン機能を作ってみたいと思います。 Firebaseの認証機能では、様々な認証が用意されて […]

続きを読む
自然言語処理
自然言語処理APIの利用

ご存知の通り、クラウドサービスの大手各社は、手軽に機械学習が使えるように、様々なクラウドサービスを提供しています。 目的によっては、カスタマイズが必要なものもありますが、そのままでも十分に使えるものも多くあります。しかし […]

続きを読む
休憩
デプロイシリーズを書き終えて

ここ1ヶ月ほどは、専ら、調査とプログラミングに勤しんでおりました。プログラミングは楽しいのですが、やりっぱなしはいけません。 そこで、活動結果を整理して記録するために、「デプロイしました」シリーズを4本連続で書きました。 […]

続きを読む
サーバ開発
Transformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイする(SAM)

前回もTransformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイしましたが、別の方法を試してみます。 今回は、AWS Serverless Application Model(sam)を使っています。 同じ目的であれ […]

続きを読む