最新の自然言語処理やソフトウエア技術を使って、アプリケーションを作りながら、実際に役に立つシステムを検討しています。ご興味を持たれた方は、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡ください。

株式会社なごみテクノロジーの公式サイトは、こちらへ。

おすすめのコンテンツ

AWSのLambdaを使って、サーバレスで推論してみました。こちらからどうぞ。

Transformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイする(SAM)

前回もTransformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイしましたが、別の方法を試してみます。 今回は、AWS Serverless Application Model(sam)を使っています。 同じ目的…

音声チャットボットの開発してみました。環境構築から説明していますのでご参考にしてください。

音声チャットボットを作ってみる

チャットボットアプリの仕組み コンピュータと対話するアプリを「チャットボット」と言います。チャットボットにはテキストで対話するものもありますが、今回は、音声でア…

最新の投稿

  • Dialogflowを使った自然言語処理(3) webhook
    Dialogflowのwebhookとは Webhook は、ビジネス ロジックをホストするサービスです。Webhook では、セッション中に Dialogflow の自然言語処理で抽出されたデータを使用するこ […]
  • Dialogflowを使った自然言語処理(2) CX版
    Dialogflowには、小規模でシンプルなエージェントに適した”ES"と、大規模で複雑なエージェントに適した”CX"と、2つのエディションがあります。運用コストにも違いがありますので、どちらを選択すべきか悩むこともあり […]
  • Dialogflowを使った自然言語処理(1)ES版
    Dialogflowは会話型ユーザインターフェイスを実装するためのプラットフォームです。現時点でDialogflow CX(Advanced)と Dialogflow ES(Standard)の 2 つのエディションが存 […]
  • Firebase Hosting Flutter Web
    以前、NetlifyにFlutter Webアプリをデプロイするという記事を書きました。 アプリ内でテンポラリのファイルを使う必要ができてしまったので、仕方なくFirebaseに乗り換えることとしました。Firebase […]
  • Dialogflowの感情分析結果(sentimentAnalysisResult)を取得する
    以下の記事でも記載した通り、flutterでDialogflowを使うには、dialogflow_flutterパッケージを利用します。 現時点でのdialogflow_flutterのバージョンは1.0.0ですが、この […]

このサイトで使っているフクロウの画像は、OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像です。