サーバ開発

サーバ開発
Firebase Hosting Flutter Web

以前、NetlifyにFlutter Webアプリをデプロイするという記事を書きました。 アプリ内でテンポラリのファイルを使う必要ができてしまったので、仕方なくFirebaseに乗り換えることとしました。Firebase […]

続きを読む
サーバ開発
Transformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイする(SAM)

前回もTransformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイしましたが、別の方法を試してみます。 今回は、AWS Serverless Application Model(sam)を使っています。 同じ目的であれ […]

続きを読む
サーバ開発
Transformerの学習済みモデルをLambdaにデプロイする

前回、flask で作ったAPIをChaliceを使ってLambdaにデプロイしてみました。 この方法は、アプリをzip形式でアップロードします。zip形式は、最大250MBのサイズ制限がありますので、HuggingFa […]

続きを読む
サーバ開発
Chalice使ってflask APIをLambdaにデプロイする

前回、Netlifyの記事を書きましたが、今回は、Chaliceです。 接続としては、以下の通りです。 <LINE> ー <Dialogflow> ー <heroku> ー <V […]

続きを読む
サーバ開発
NetlifyにFlutter Webアプリをデプロイする

Flutterで開発した webアプリを公開する方法には、いくつかあります。公式サイトでは以下の3つが挙げられています。 Firebaseホスティング GitHubPages Google CloudHosting 今回 […]

続きを読む
サーバ開発
XMLHttpRequest error(CORS)

FlutterはiOS,Androidだけでなく、Web ,Windows,Macのアプリも共通の環境で開発できることが、特徴です。 今回、iOSの音声チャットボットアプリをベースに、webアプリに改変した場合に遭遇した […]

続きを読む
Flutter
音声チャットボットの完成

前記事で、応答生成サーバを作りました。これを、Flutterで作った「おうむ返しアプリ」から呼び出して、対話ができる「音声チャットボットアプリ」を完成させます。 httpリクエスト 最初は、応答生成サーバに発話テキストを […]

続きを読む
クライアント開発
応答生成モデルの実装

構成の選択 一番最初の記事に記載した通り、iOSのアプリケーションから「発話」をテキストで送信すれば「応答」をテキストで返す様にしたいと思います。 このwebAPIを実装する方法として、大きく2種類あります。 1つは、H […]

続きを読む
クライアント開発
応答生成モデルの学習

ユーザの発話テキストに対して、応答テキストを生成させるためのモデルを作ります。 T5 (Text-to-Text Transfer Transformer) チャットボットを作るときに必要となるモデルは、Text to […]

続きを読む
Flutter
音声チャットボットを作ってみる

チャットボットアプリの仕組み コンピュータと対話するアプリを「チャットボット」と言います。チャットボットにはテキストで対話するものもありますが、今回は、音声でアプリと対話ができる「音声チャットボット」の開発をしていきます […]

続きを読む